中級講座【5】ストレスと自律神経失調症についてのページです。

  • うつ・自律神経失調症専門の整体院
  • 健療施術院(本院)
  • 川崎 整体健療院
  • 代々木上原 健療院

うつ・自律神経失調症について学ぶ 中級講座【5】ストレスと自律神経失調症

ストレスは4つあるとしても最終的な反応として、怒り・緊張・不安など心理的に感じることになります。
ストレスの反応とは、たとえば、自然界では馬がライオンに出会うのと同じ状態です。

馬は一瞬にして逃亡するか、戦うかの準備をします。これがストレスによる自律神経の反射です。自律神経の反応として、脈拍が早くなり血管が収縮して血圧が上昇します。これは逃亡や戦いに向けて、速やかにエネルギー源である糖や脂肪を筋肉に送るためです。さらに戦いや逃亡に備えるため、エネルギー源として糖分が血液中に増加します。(糖尿病の原因になる)
これらが自律神経のストレスに対する反応の結果です。

恐ろしいことに、私たち人間は実際にライオンに出会わなくとも、嫌な人に合うだけで、また嫌な人のことを考えただけで、このような「ストレスによる自律神経の反応」が出てしまうのです。
ストレスが多くなると、精神的緊張や不安感を常に感じていることになります。
するとこの自律神経の反応も常に起こることになります。この状態が続くと自律神経失調症になります。
つまり、ストレスで自律神経失調症になると、交換神経の過剰の働きから高血圧や糖尿病まで患う恐れがあるのです。
元来血圧も血糖も自律神経でコントロールできているものですので、自律神経失調症になると自律神経がそれらをコントロールできなくなるからです。

このページの上部へ
うつや自律神経失調症でお悩みならお気軽にお問い合わせください。
お近くの認定治療院が見つかる。
うつを治して幸せになろう ココカラメルマガ。
うつ・自律神経失調症をあらゆる視点からわかりやすく解説。

うつナビゲーター 鈴木直人

アマゾンで買う

患者さん向けのうつ・自律神経失調症無料勉強会
おすすめホームページ

当サイトについて

当サイトは、自律神経失調症に関わる全ての情報を含みます。自律神経失調症でめまいや動悸が起きてしまう場合、うつやパニック障害などで症状が出てしまう場合など、便宜上どちらも自律神経と位置づけております。

多くの方は、自律神経失調症の仕組みを理解して頂ければ、少々の安心感が得られ症状が和らぐと思います。そのため、そちらに関する知識と考えを公開しています。ちなみに私は医者ではありません。自律神経失調症やうつを研究し、整体・カイロプラクティックや心理療法を正業としているのもです。詳しくはプロフィールをご覧ください。

自律神経失調症・うつ病ナビ
ココカラ管理者 鈴木直人

当サイトについて

当サイトは、自律神経失調症に関わる全て情報を含みます。自律神経失調症でめまいや動悸が起きてしまう場合、うつやパニック障害などで症状が出てしまう場合など、便宜上どちらも自律神経失調症と位置づけております。

多くの方は、自律神経失調症の仕組みを理解して頂ければ、少々の安心感が得られ症状が和らぐと思います。そのため、それらに関する知識と考えを公開しています。ちなみに私は医師ではありません。自律神経失調症やうつを研究し、整体・カイロプラクティックや心理療法を正業としているものです。詳しくはプロフィールをご覧下さい。

うつ・自律神経失調症病ナビ
ココカラ管理者 鈴木直人

提供:健療院グループ

に詳しい整体院

神奈川県藤沢市辻堂元町1-2-6
TEL:0466-33-3299
神奈川県川崎市幸区大宮町15-4
松下ビル5階
TEL:044-540-3211
東京都渋谷区上原1-24-3
コリドール大川202
TEL:03-6407-2355
このページの上部へ
このページの上部へ