うつ・自律神経失調症について学ぶ 初級講座【3】交感神経と副交感神経の関係

交感神経副交感神経は、シーソーのような関係なのです。どちらかが上がると、どちらかが下がります。つまり、どちらかが働くと、どちらかは働けないのです。

『心身を動かしたり、働いたりしているときには、心身の修復ができないのです。』体を修復しているときには、激しく動けないということですね。
サーキットの車を思い出してください。走っている時は交感神経。ピットインしてタイヤを替えたり、給油したり壊れている所を治したりする時が副交感神経です。

交感神経と副交感神経のグラフ車を走らせながら、タイヤを交換しているトコなんか見たことないですよね(笑)。  そう、無理なんですね。人間も同じです。
『 働きながらは休めないし、修復もできない。 』 そして、「交感神経」と「副交感神経」のどちらが優先的に働くかというと、それは交感神経のほうが優先的に働きます。

なぜかというと、「交感神経」の働く状況は覚えていますか? そう、さっき復習しましたよね。 労働・闘争・運動・興奮・緊張感・恐怖感・危機感 でしたよね。

人間も自然動物と同じように暮らしていましたので、昔は動物を取って食べたり、逆に動物の餌となってしまうことがありました。これは自然の摂理ですね。だから、動物に襲われると逃げなきゃならない。もしくは戦わないとならないわけですよね。そんなときに、『今は副交感神経が働いてるから、ちょっとまっててね、もうすぐで交感神経が働くから。そしたら戦うか逃げるかするね』なんていってる間に、動物にパクリと食べられちゃう(笑)。

危機感を感じたら、否応なく交感神経が働くようになってるんですね。そして、その危機感がストレスと思ってください。 ストレスは多すぎても少なすぎても、人体に支障をきたします。ストレスが多すぎると、いつも交感神経ばかりが働くことにより、副交感神経が働けません。つまり眠れない、疲れが取れない、病気が治りづらい等の症状が出て来てしまうんですね。

これらが自律神経失調症やうつの典型的な症状ですね。他にも自律神経失調症の特異なものがありますので詳しくは「自律神経失調症の症状 」をご覧下さい。

交感神経の異常緊張から自律神経失調症は始まるのです。

自律神経失調症は急に起こることはありません。毎日の積み重ねで自律神経失調症やうつになってしまうのですね。

このページの上部へ
うつや自律神経失調症でお悩みならお気軽にお問い合わせください。
お近くの認定治療院が見つかる。
うつを治して幸せになろう ココカラメルマガ。
うつ・自律神経失調症をあらゆる視点からわかりやすく解説。

うつナビゲーター 鈴木直人

アマゾン星

アマゾンで買う

患者さん向けのうつ・自律神経失調症無料勉強会
おすすめホームページ
このページの上部へ