うつ・自律神経失調症ラボ 自律神経失調症と不安神経症1

こんにちは、自律神経ナビゲーターの鈴木です。

不安神経症というものがあります。
当院には、うつや自律神経失調症の患者さんだけでなく、不安神経症の方も多く来院します。

不安神経症は神経症の一つで、主な症状として不安が表れます。
不安を誰でも感じる感情ですが、それが病的に出ることが不安神経症の特徴です。

例えば、不安になる理由がないのに関わらず強い不安に襲われたり、不安になる理由があったとしても、それが些細な出来事であるにもかかわらず、大きな不安を持ったりします。

簡単にご説明すると、病的な不安とは...

  • 不安の理由が分からない。
  • 不安を他人に説明できない、または理解されにくい。
  • 症状がまた起こるのではという不安がある。(予期不安)
  • 不安が異常に長く続く
  • 不安のため日常の生活できず、生活習慣が変化してしまう。
  • 不安が去っても、頭にこびり付くように忘れられない。

一方、正常な不安とは...

  • 不安の理由は自分で分かっている。
  • 不安を他人に説明できる。また他人がその説明で理解できる。
  • 症状がまた起こるのではないかと思う時はあるが、さほど強くはない。
  • その不安が長くは続かない。
  • 不安があっても日常の生活ができる。また生活習慣の変化しない。
  • 不安が消失すれば忘れてしまう。

このように不安には正常な不安と病的な不安に分かれます。

続きはこちら

自律神経失調症と不安神経症1:記事提供
うつ・自律神経失調症の整体 健療施術院

≪ 自律神経失調症・うつと栄養 | コラム一覧 | 自律神経失調症と不安神経症2 ≫

このページの上部へ
うつや自律神経失調症でお悩みならお気軽にお問い合わせください。
お近くの認定治療院が見つかる。
うつを治して幸せになろう ココカラメルマガ。
うつ・自律神経失調症をあらゆる視点からわかりやすく解説。

うつナビゲーター 鈴木直人

アマゾン星

アマゾンで買う

患者さん向けのうつ・自律神経失調症無料勉強会
おすすめホームページ
このページの上部へ