自律神経失調症・うつ病ナビ「ココカラ」

for mobile

冷え性

「冷え」も自律神経失調症の症状のひとつと言ってもいいでしょうね。
多くの人は冷え性はただの冷えだと思っています。しかし、血管の拡張や収縮など、血液の流れに関係するものは自律神経が調節しています。
そのため自律神経失調症の方は、冷え性になりやすいし、冷え性の人は自律神経失調症になりやすいのです。

具体的な対策

あたためる対策はもちろん、体を冷やさないことですね。冷え性の方は、自分で熱が生めない状態になっています。体が弱くなるからといって、体を暖めない方がいますが、コレは止めた方がいいです。
まずは体を暖めて、自分で熱が生めるようになったら、少しずつ慣らしていくのがいいでしょう。特に手足・おなか・背中はよく温めてください。

症状と対策一覧





問合せはコチラ



●メニュー

うつ・自律神経失調症の症状や原因・治療法から治療院の検索までサポートしております。
自律神経失調症・うつ病ナビ「ココカラ」