自律神経失調症・うつ病ナビ「ココカラ」

for mobile

中級講座【7】ストレスと副腎の関係

ストレスと副腎は密接な関係があります。ここで突然ですが、あなたの副腎機能チェックをしましょう。

副腎ストレス疲労度チェック

上記の問題にイエスが3個以上当てはまるあなた、ストレスで副腎が弱っているかもしれません。特にの項目が当てはまる方は、1つでも要注意ですよ。

副腎

副腎とは腎臓の上にあるんです。大きさは親指ぐらいです。 小さいですが働き者なのですね。副腎皮質ホルモンと副腎髄質ホルモンと言う、 と~っても大事なホルモンを出しているところなのです。

その副腎が、ストレスで弱るということは、どういうことなのでしょうか?

人はストレスを感じると、「 抗ストレスホルモン 」というホルモンを出します。抗ストレスホルモンを出して、ストレスから身を守ろうとするんですね。

これが副腎のホルモンです。副腎のホルモンにはいくつかありますが、貯蔵量が決まっています。その量は人によって違いますが、無限ではありません。簡単に言うと、ストレスに抵抗するホルモンには量的に限界があるので、いつまでもストレスに抵抗し続けられないものと思ってください。

いつまでもストレスにさらされていると、副腎ホルモンが枯渇状態になり、普通の生活さえできなくなります。

仮にあなたの副腎ホルモンの貯蔵量の限界が、10mlだとします。そして一日に1ml副腎ホルモンを生み出せると思ってください。
あなたにとって大きなストレスがあり、副腎ホルモンを3ミリリットル使ったとします。そうしたら、7mlになります。明日には1ml足せて8mlになりますが、明日は大きなストレスで5ml副腎ホルモンを使ったとします。すると残りは5mlです。
このように段々と副腎の貯蔵がストレスによってなくなっていくのです。
現代はストレスが持続的に続く環境に置かれている人が多いので、副腎が抗ストレスホルモンを出し続けるため、なくなってしまうのです。

抗ストレスホルモンである副腎ホルモンがなくなると、上記の「副腎ストレス疲労度チェック」で書かれたような症状が出てきます。
対策としては、休むこと、寝ることが一番です。無理が一番いけません。

無理といえば・・・皆さんがよく飲むコーヒーですが、カフェインは交感神経を刺激して、元気になるような気がします。元気になったような気がするだけで、実際にカフェインはカロリーがゼロだし、栄養素も何もありません。

ですので、元気を補充しているわけではありません。
残り少なくなった力を振り絞れるようになっただけなんです。

甘いものも同じなんですよ。甘いものを食べると、血糖値が上がります。血糖値が上がると、元気になったような気がします。 そこで元気になれると思い、コーヒーを飲んで、甘いものを食べて、残り少なくなった力を絞り出してしまうのです。
そうすると、抗ストレスホルモンがなおさら少なくなってしまうんです。

甘いもの、カフェインを取ると、その場は動けるようになりますが、後でもっと大変な状態になります。

そのなかで、一番いけないのはドリンク剤です。コンビニなどで売られるようになり、多用する人が増えました。しかしドリンク剤には、ビタミンなども入っていますが、一番の効用は、「カフェイン」と「糖分」です。(一部カフェインレスがあるようですが...)
元気になったような気がするだけなので、止めたほうが良いでしょう。

カフェインだけでなく、糖分も控えましょう。食事で使う、みりんや砂糖はOKですが、空腹時の甘いものは一番いけません。どうしても甘いものが食べたかったら、食後に少しだけにしましょうね。私はこれでずいぶんよくなりました。

女性の方、これだけで痩せやすい体質になりますよ。♪♪

<初級講座目次>
1、自律神経失調症 うつの存在意義
2、自律神経のメカニズム
3、交感神経と副交感神経の関係
4、自律神経失調症の具体的な症状
5、自律神経失調症のメカニズム
6、自律神経失調症やうつって病気なの?
<中級講座目次>
1、パソコンは自律神経失調症になりやすいの?
2、あなたもできる自律神経失調症 うつ対策法
3、心療内科と精神科どちらを選べばいいの?
4、ストレスとは・・・?
5、ストレスと自律神経失調症
6、ストレス豆知識
7、ストレスと副腎の関係
8、自律神経失調症と不妊症(女性ホルモン)



問合せはコチラ



●メニュー

うつ・自律神経失調症の症状や原因・治療法から治療院の検索までサポートしております。
自律神経失調症・うつ病ナビ「ココカラ」