自律神経失調症・うつ病ナビ「ココカラ」

for mobile

初級講座【1】うつ・自律神経失調症の存在意義

あなたが自律神経失調症やうつ病になったには、おおきな理由があるのです。
あなたが自律神経失調症うつ病になったのは、あなたの体を生かすためなのです。そうです、生き残るために。 あなたがそれ以上がんばると、生きるための体が保てないのです。

例えば、家であなたが電子レンジを使いながら、電気ポットでお湯を沸かし、さらにドライヤーを使い始めると、電気のブレーカーがバチンと落ちます。
これは電気の量を使いすぎて、このまま使っていると電気製品を全部壊してしまう可能性があり、さらに漏電して火事が起きてしまうのを防いでいるのです。

あなたの体にもこれと同じことが起きているので。
このままがんばり続けると、あなたはヘタをすると死んでしまいます。
それを体は、ブレーカーを落としてあなたに知らせているのです。

電気のブレーカーが落ちたら、何かスイッチを切ってから、ブレーカーを上げますよね。でも体のブレーカーが一回ぐらい落ちても、あなたは「がんばり」スイッチを一つも切らなかったと思います。中には「もっともっと」がんばった人もいるかと思います。

ですから自律神経失調症やうつ病は、あなたの脳のブレーカーを落として、あなたを死なないようにしている状態なのです。
これが自律神経失調症やうつ病の存在する理由なのです。
自律神経失調症やうつ病にならなかったら、あなたはきっと、死ぬまでがんばり続けてしまうでしょう。
あなたの自律神経失調症やうつ病は、あなたが死んでしまうことを阻止ししてくれているのです。
ですから正常な機能を持っている人間でしたら、自律神経失調症やうつ病は誰にでも起こりえることです。
とくにガンバリ屋さんには...。
まれにがんばり通して、若くして過労死や突然死してしまう方もいます。

自律神経失調症やうつ病のあなたは、 死を阻止する機能が正常に働く、まったく正常な人間なのですよ。

すごく大事なことなので、言い方を変えてもう一度言いますね。

自律神経失調症やうつ病は、あなたの命を守るコトを目的としているのです。 自律神経失調症は、症状を出すのが目的ではないのです。命を守るための一つの手段として、症状が出ているだけなのです。

あなたのようにストレスが多い生活を強いられていたら、自律神経失調症やうつ病になっても何も不思議ではありません。そこまでがんばれた、自分自身の心と体に感謝して、今は「がんばり」を抑えてみませんか。「働いたら休む」 コレは自然の摂理ですからね。ある意味、自律神経失調症やうつ病は信号と同じなのです。交通信号を無視すると、たまたま最初は事故にあわなくても、そのうち大きな事故にあいますよね。だから多くの人は交通信号を守ります。自律神経失調症 やうつ病も信号なんです。心や体の信号が赤になっているです。

あなたは赤信号の時に進みますか? それとも止まりますか?




問合せはコチラ



●メニュー

うつ・自律神経失調症の症状や原因・治療法から治療院の検索までサポートしております。
自律神経失調症・うつ病ナビ「ココカラ」