自律神経失調症・うつ病ナビ「ココカラ」

for mobile

ストレスに打ち勝つ

こんにちは、自律神経ナビゲーターの鈴木です。

今回はストレスについてお話します。
多くの方は「ストレス=悪いもの」と考えがちですが、場合によってはストレスは我々の体を強くしてくれます。
ストレスは単なる刺激にしか過ぎません。
人はその刺激(ストレス)に反応してストレスを乗り越えて成長していきます。
たとえば運動もストレスになります。
30分のランニングをすると考えてください。
その運動というストレスを乗り越えられると体は強くなり、30分のランニングが楽になってきます。
しかし走ったことのない人が、いきなり3時間のランニングをしたらどうなるでしょう。
体が壊れてしまいますよね。
ストレスというのは、乗り越えられるものはいいストレスで、乗り越えられないストレスは悪いストレスなのです。
これは精神的なストレスも一緒です。

たとえば、職場で人間関係での精神的ストレスがあったとしても、それが乗り越えられるストレスならば、そのストレスはあなたを強くしてくれるいいストレスです。

しかし、もしあなたが対応できないほどのストレスの場合、あなたは乗り越えられないため、それが続くとストレスのためにあなたは病気になってしまいます。

自律神経失調症やうつ病から回復していくときには、徐々に刺激を受けるようにします。
それが刺激(ストレス)となり、小さなストレスを少しずつ乗り越えて強くしていくようにします。

たとえば、最初は屋内で体操をするから始め、それが出来るようになったら屋外で体操してみる。
屋外は光や風、温度など室内より刺激があります。
そしてそれが出来るようになったら、今度は軽く散歩などを組み合わせていくようにします。
それから散歩の時間を長くしたり、外で友達に会ったりしたり、少しだけ人ごみの中に出て行ったりなど、少しずつ刺激を受けていくようにするといいんですね。

気をつけなければいけないのは、必ず徐々に刺激を増やしていくことです。
早く治りたいからといって、一気にやろうと思うと、刺激(ストレス)を乗り越えられずに症状が悪化したりしていきます。

ストレスに打ち勝つ:記事提供
うつ病・自律神経失調症の整体 健療施術院

≪ 空腹と交感神経と副交感神経 | コラム一覧 | スピリチュアルって、あやしい?あやしくない? ≫




問合せはコチラ



●メニュー

うつ・自律神経失調症の症状や原因・治療法から治療院の検索までサポートしております。
自律神経失調症・うつ病ナビ「ココカラ」