自律神経失調症・うつ病ナビ「ココカラ」

for mobile

春は体調を崩しやすい

春は体調を崩しやすい季節です。よく「木の芽どきは体調を崩しやすい」って言いますよね
なぜ体調を崩しやすいかというと、春は体力が落ちやすいのです。
春は冬用の体を夏用に変えるときです。 この時に代謝が増えるので、 その代謝に体力を取られてしまう時が多いのです。

しかも体全体が緩んできます。すると血圧が低くなり、低血圧の人は、特にフラフラしやすくなったりします。
しかも日本では、春は進学・就職・転勤・転職など、転機の季節でもあります。

ただでさえ、体力が取られてしまう時に、環境が変わります。
環境が変わるということは、少なからず体がストレスを感じてきます。

そのストレスに対応しよう、とまた体力を使うことになります。
ですから春はどうしても疲れを感じやすくなります。
花粉症がある方は、花粉症でも体力を取られてしまいます。

こんなことがあるので、春は体調を崩す方が多いのですね。
こんな時はあわてずに、新しい環境にものんびり対応していきましょう。

新しい環境はストレスに感じることもありますよね。
ストレスに関して新しい記事を書いてみました。
よかったら読んでみてください。→ ストレスに打ち勝つ

春は体調を崩しやすい:記事提供
うつ病・自律神経失調症の整体 健療施術院

≪ 時間は余らない | コラム一覧 | 昼夜逆転 ≫




問合せはコチラ



●メニュー

うつ・自律神経失調症の症状や原因・治療法から治療院の検索までサポートしております。
自律神経失調症・うつ病ナビ「ココカラ」